プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅は奈良時代に中国から伝わりました。
平安時代に桜が脚光を浴びるまで「花」といえば、
梅のことだったといいます。

江戸の梅の名所で有名なところといえば
<蒲田の梅屋敷><亀戸の梅屋敷>。。。
どちらも歌川広重の『名所江戸百景』に描かれています。

<蒲田の梅屋敷>は、元々は梅を採るために梅の栽培が盛んだった地に
「和中散」とゆー道中薬で有名だった商人が梅園を作ったのが始まり。
茶店”あずまや”等も設置して、客を呼んで評判になったといいます。
現在も京浜急行線に「梅屋敷」とゆー駅があって、
東京都大田区が管理する「梅屋敷公園」として名残が残っていますが、
規模は大幅に縮小されてしまいました。

<亀戸の梅屋敷>の方は、
「清香園」という呉服商の別荘だったところ。
竜が寝そべったような梅の大木があって、
その姿から”臥竜梅(がりょうばい)”と呼ばれて、
たくさんの見物客が集まって来ていたとか。
もともとこの梅は江戸中期、
将軍吉宗が自らの愛樹をここに預け植えたのが発端とされています。
こちらは、明治の中頃、洪水で枯れてしまって、
今は梅園もなくなり石碑が残るのみになっています。









今は、陶磁器を割ってしまっても接着剤などを使えば、
誰でも割合簡単に接着できますが、昔は修理専門の職人がいました。
割れた茶碗や瀬戸物類を接着して再生するのが普通だったのです。

古い時代は、陶磁器類の接着に漆を使っていました。。

江戸に入っても、高級品は漆で修理されていましたが、
江戸中期
白玉粉(鉛が主成分)やふのり(無色ガラス粉末)で接着してから
加熱する焼き接ぎ方を発明した人がいて、
普通の安い茶碗などは、この方法で修理するようになりました。

川柳や浮世絵では、
『番町皿屋敷』のお菊が井戸の中から皿の修理を頼み
焼継屋が腰を抜かす、といったシーンも登場するようになりました。









江戸時代、食べられることが多かった瓜。
日本では古来から「ウリ(フリとも)」の名で親しまれてきました。
縄文時代に伝わってきたとされています。

江戸時代にも様々な種類が出回っていました。
その中でも今回は、いくつかの瓜を取り上げてみたいと思います。
(胡瓜(きゅうり)は、前回取り上げましたよね?)

歯ごたえが自慢の白瓜・越瓜(しろうり)
奈良漬や浅漬けにして、よく食卓に上ったそうです。
胡瓜(きゅうり)より堅く、
その歯ごたえが江戸人の好みにあっていたのですね。

有名なのは、田端シロウリ(現在の文京区田端付近)や
      玉造黒門越瓜(たまつくりくろもんしろうり)
            (現在の大阪市中央区玉造付近)。

とくに玉造黒門越瓜は、一般に<くろもん>と呼ばれ、
実は最も長大、濃緑色で八~九条の白色の縦縞があり、
糟漬けにして美味しかったコトから浪花名産の一つとされていました。
江戸時代の狂歌師・貞柳も、

黒門といえども色はあおによし奈良漬にして味をしろうり

                    と一首読んでいます。


続いて、甘みが魅力の甜瓜・真桑瓜(まくわうり)
『水菓子』という異名を持つほのかな甘みの瓜。
副食として人気でした。
鳴子瓜(なるこうり)として呼ばれていたのは、その産地名から。
(現在の新宿区成子坂付近)
江戸初期 幕府は、
美濃の国真桑村から農民を呼び寄せ、
鳴子と府中の是政村(現在の府中市)に御用畑を設け、
甜瓜を栽培させていたそうです。

「上等の瓜で、唐瓜とも言い、暑気をはらい、
   喉の渇きを止め、二日酔いによく効くと、重宝がられている」


                     とあります。

そして今回最後は、冬瓜・鴨瓜(とうがん)

原産地は東南アジア。
古くは果実の表面に毛があることから
加毛宇利(カモウリ)とも呼んでいました。
「カモ=毛氈(もうせん)」に似ていると見たのですね。

奈良時代には価格がウリのなかで最高であったともいわれます。

江戸時代には、冬瓜を切売りしている様子が画かれているものもあり、
よく食べられていました。
果実は貯蔵性にすぐれ、半年間の保存にも耐えられます。


瓜は、庶民にとっても身近だった野菜。
いろんな種類があるのはもちろん、
ひとつの野菜にも様々な字が当てられていました。
上に記載されている漢字もその中の一部です。。











春の上げ潮は、日本橋界隈まで磯の香りを運んできたそうです。

江戸時代には、春になると一般庶民だけではなく、
良家の子女達もお供を連れて潮干狩りを楽しんでいました。
江戸時代で人気のあるレジャーだったのです。
遊びながらアサリや蛤などの食材を入手できるのですから、
楽しいはずです^^

日常では近くで見る事もない、
美しいお嬢様や高貴なお姫様達に合えるのを楽しみに
潮干狩りに出かけた男達も多かったそう@@
綺麗なお姫様を見るために潮干狩りに行きたいというのも、
平和な江戸時代ならではのちょっとした庶民の刺激だったのでしょう。
お嬢様は、こんな時も振袖だったようで・・・。

 振袖をくはえて歩く汐干狩

遠浅の海でおこなわれた潮干狩りは晩春から初夏にかけての風物詩。
『東都歳事記』では芝浦、高輪、品川、佃島、深川州崎、中川などの
潮干狩りの名所を紹介しています。
このうち品川と深川洲崎は風景も良かったためか、とくに有名でした。。
品川は海辺の宿場町として栄え、
行楽客も多く人気のスポットだったからでしょう。

旧暦の3月3日頃(新暦の4月上旬)がもっとも潮干狩りに適していました。
それはこの頃が潮の干満が大きい「大潮」となるから。
秋にも「大潮」はありますが、
このときは潮が引くのが深夜になってしまうので、
チャンスは春しかないのです。
そこで、シーズン到来とともに江戸の人々は、
こぞって出かけたわけです。

また品川の潮干狩りは大勢の人で賑わい、
その様子は、多くの浮世絵に描かれています。
潮干狩りの浮世絵は、
なだらかに湾曲した海岸線と遠浅の海を描いた風景画であり、
また潮干狩りの賑わいを描いた風俗画であると同時に、
その多くは「美人画」でもありました。

最後に・・・潮干狩りの状況が『東都歳事記』にも描かれています。

『卯の刻過ぎより引き始めて午の半刻には海底陸地と変ず、
 ここに降り立ちて、蠣(かき)蛤(はまぐり)を拾い、
 砂中の平目をふみ、引き残りたる浅汐に小魚を得て宴を催せり』

   (卯の刻は午前6時頃、午の刻は12時頃)

当日は早起きをして、
家族や近所の人たちと一緒に出かけます。
弁当や酒肴を持参して一日かけて楽しむレジャーです。
まず船着き場から沖へ船を繰り出し、そのまま潮が引くのを待っています。
船の中で宴会をやっている男たち、浜では貝を拾う人、
蟹と戯れる子ども、
向こう側には浅くなった海をさらって貝を採っている男もいます。
女性も着物の裾を上げて潮干狩りに夢中になったようです。
とにかく、アサリや蛤がザクザク。
運が良ければ平目も発見できたし、
潮が引いた後に魚が残る場合もあります。
なんとものんびりしていい光景です。。





江戸時代の日本は「紙使用大国」でした。
江戸時代後期に日本へ来た西洋人の記録に、
日本人が紙をたくさん使うことに驚く場面が、しばしば出てきます。

日本に紙の製造が伝わったのは七世紀はじめ。
初めはやはり貴重な素材でした。
子どもの絵本やちり紙にまで使えるようになったのは、
世の中が平和で安定した江戸時代になってからです。。

しかし江戸時代、紙は全て手漉き和紙。
今よりはかなり貴重なものであることには変わりません。
一度使われた紙はすべて回収され、汚れ具合によって選り分け、
再生(漉き返し)されていました。

<紙屑買い>

買い取りを専門とする業者の主流は、昔も古紙回収業でした。
昔の言葉では<紙屑買い>といい、現在のちり紙交換業です。
紙屑買いは、天秤棒を担いで町を巡回して古紙を買い集める商人。

「てんかみくず、てんてん」と言い歩いて買い集めていました。
        (「てんてん」は古手の意味 )

普通は零細ではあっても自分の資本を持った商人で、
不要になった帳簿などの製紙品を適当な価格で買い取り
紙屑問屋に売ります。
主に古紙を買ったから紙屑買いというのですが、
この業者は、実際にはほとんどあらゆる不要品を買ったようです。
古金といって、不要になった金属製品、
場合によっては古着、古布などを買う紙屑買いも多かったようです。
昔は何を買っても転売して利益を上げられたことが解ります。

<紙屑拾い>

資金はないですが、
それでもリサイクル産業に従事したいとゆー人は紙屑拾いを職業にします。
同じ古紙を集める専門業者でも、
こちらは籠を肩にかけ、
町中をせっせと歩き廻って落ちている紙を拾い、
それを紙屑問屋へ持っていって、わずかな日銭をかせいでいました。
こういう人でも何とか最低限の生活ができたほど、
昔はものが貴重だったのです。
江戸時代の絵にはあちこち登場します。かなり大勢いたようですね。

<紙屑問屋>

古紙、紙屑(蜜柑の皮や綿屑や糸屑も・・・)を仕分けし、
主として漉き返す業者に卸した点も今と大差ないです。
現代の紙は、1ミリか2ミリぐらいの長さしかない
パルプの繊維でできていますが、
伝統的な和紙は、10ミリ以上もの長い植物繊維でできていて、
しかも、ほかに 加物がなく漉き返しが容易でした。
そのため、各種の古紙を集めてブレンドし、
ちり紙から下級印刷用紙まで、
様々な再生紙に漉き返すことができたのです。 

  <漉き返し>

   古紙から再生紙を作ることを、
   江戸時代では「漉き返し」と呼びました。
   漉き返し紙には高級なものから安価なものまで多様なレベルがあり、
   安価なものは「落とし紙」(トイレットペーパー)などに
   使われました。
   有名な漉き返し紙には、江戸の「浅草紙」、京の「西洞院紙」、
   大坂の「湊紙」などがあります。

         ①古紙を細かくする。
         ②釜で煮る。
         ③桶で冷やす。
         ④水を絞り、川で洗う。
         ⑤板の上でたたく。
         ⑥漉いて乾かす。



現在の日本の製紙原料中の古紙の比率は、
世界最高の五十数%にも達しています。
江戸時代の比率はよく解っていませんが、
これ以上だったのではないでしょうか?


☆落語に「紙屑屋」とゆーお噺があります。
 このお噺&紙屑屋について、
 下記のサイトで解りやすくイラスト化されています。
 よかったらどうぞ^^
  →http://www.gakken.co.jp/kagakusouken/spread/oedo/02/index.html










現在でもよく食べられる胡瓜。
インド北部、ヒマラヤ山麓が原産です。

日本では平安時代から栽培され始めます。
胡瓜の「胡」という字は、
シルクロードを渡って来たことを意味しています。

江戸時代 、胡瓜は、毎日の食卓に頻繁に登場したといわれています。

「 切り口が葵の御紋に似ているから恐れ多い 」

と、口にしない武士もいたといいますが、
庶民は、生で・ぬか漬けで・一夜漬けで、好んで食べていました。

江戸で最初に胡瓜が作られたのは砂村。
(現在の江東区北砂・南砂付近)
節成胡瓜(ふしなりきゅうり)という品種が
関西方面から伝わってきたことに端を発します。

胡瓜は、気温や風雨といった気候条件には左右されますが、
土の性質にはこだわらず、
保水能力さえあればどこでも栽培できる野菜です。
砂村で盛んに栽培されるようになったのは、
むしろ下肥の入手が容易であったことが要因のようです。
胡瓜は、短期間で成長する野菜。
当然何度も追肥が必要になってきます。
なおかつ水肥を好むので、下肥は有効だったのです。

また、<聖護院胡瓜(しょうごいんきゅうり)・京都>や
<毛馬胡瓜(けまきゅうり)・大阪>は、
江戸時代に品種改良されたものです。



ただし、江戸初期の胡瓜は相当苦かったようで・・・。
なぜなら、当時、
胡瓜は完熟させて黄色く熟したきゅうりを食べていたようなのです。
その頃の文句が残っています。

「 これ瓜類の下品なり。味良からず、かつ小毒あり。(菜譜1714年)」 

「 毒多くして能無し。植えるべからず。食べるべからず。(水戸光圀)」



江戸末期になり、江戸砂村できゅうりの早出し栽培が始まります。
今のように緑色の胡瓜が出回るようになったのです。
それから、がらっと胡瓜の野菜としての格が変わりました。

ご飯のおかずやおやつに便利な野菜・胡瓜は、
江戸末期から庶民の喜ぶ味の野菜になったわけですね。









日本のひな祭りはいつ頃から始まったのか、
はっきりととしていませんが、その起源はいくつか存在しています。

平安時代、上巳の節句の日は薬草を摘んで、
その薬草で体のけがれを祓って健康・厄除けを願っっていました。
やがて、この節句の行事と宮中の"紙のきせかえ人形"で遊ぶ
『 せいな遊び 』が融合します。
当時も、やはり小さな御所風の御殿・屋形をしつらえ
飾ったものと考えられています。
しかし、それはどこまでも<遊びごと>で、
儀式的なものではありませんでした。
(そこに雛あそびの名称の由来があります。)
そしてこれが、自分の災厄を引き受けてくれたその紙人形を川に流す
『 流し雛 』へと発展していくのです。

室町時代になると、この節句が三月三日に定着。
そして、紙の雛の豪華なお雛様を飾って
宮中で盛大にお祝いをするようになったのです。
それが宮中から、武家社会・裕福な家庭や名主の家庭へと広がっていき、
今のひな祭りの原型が完成しました。

これが江戸時代
全国に広まり、飾られるようになっていきました。

この<雛あそび>が<雛祭り>へと変わったのは、江戸初期
この頃から、三月の節句の祓に雛祭りを行うようになったとされています。
もっとも、この時代には飾り物としての古の形式と、
一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味あいが強く、
武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の
重要な家財のひとつに数えられていました。
その為、自然と華美になり、贅沢に流れるようになっていったのです。

形代の名残を残す立った形の立ち雛や、
坐った形の『 坐り雛(寛永雛) 』が作られていましたが、
これらは男女一対の内裏雛を飾るだけの物でありました。

その後時代が下ると人形は精巧さを増し、
十二単の装束を着せた『 元禄雛 』、
大型の『 享保雛 』などが作られていきます。
金箔張りの屏風の前に内裏の人形を並べた豪勢なものでした。

江戸中期になると、
人々の消費を規制するため一時的に大型の雛人形が
当時の幕府によって規制されましたが、
この規制を逆手にとって、
『 芥子雛 』とよばれる数センチの大きさの精巧を極めた
雛人形が流行することになります。

江戸時代後期には、
『 有職雛 』とよばれる宮中の雅びな衣装を正確に再現したものがあらわれ、
さらに今日の雛人形につながる『 古今雛 』が現れます。

この後、江戸末期から明治にかけて
雛飾りは二人だけの内裏人形から、嫁入り道具や台所の再現、
内裏人形につき従う従者人形たちや小道具、
御殿や檀飾りなど急速にセットが増え、スケールも大きくなっていきました。

それ以降、雛祭りは明治・大正・昭和と盛んとなってゆきます。








毎月お届けしている江戸暦の3月版です。

≪3月≫

1日……【朔日(さくじつ)お供え】
       二階座敷や蔵、庭を掃除、ひな祭りの飾りつけも行う。

3日……【上巳(じょうし)御祝い・節供(せっく)】ひな祭り
       
       富裕層は、雛壇に菱餅・あられ・炒り豆
        ・蛤(はまぐり)の吸い物・白酒を供え
        女の子の厄除けと健康を祈願した。

       庶民は、磯や河原で季節のご馳走を楽しんだ。      

   
    【節日お供え】神棚・竈神に、御灯明、御神酒、
                     食膳を供える。    

25日…【勧進相撲】


<3月>は、花見や潮干狩りのシーズンでもあったようです。






江戸の味覚は「三白」「五白」に集約されるといいます。
白米・豆腐・大根・鯛(白身魚)・白魚。
これらが江戸の人の好む味、江戸の人に舌にあった味だそうです。
淡白でデリケート、すっきりした味わいに粋を感じる心。
格の高い研ぎ澄まされた味の世界だと言われています。

しかし、今の日本の食生活でこの「五白」を真に味わえる人は、
あまりいないものと思われます。
濃い調味料に慣らされた舌では、なかなか味わえないものばりですから。

好みの味も時代によって変わる、のでしょうね。。。
例えば、鰹。
今では、戻り鰹が上の評価を受けることが多いようですが、
江戸時代では、断然『初鰹』。
鮪のトロにいたっては、下魚の下。捨てる魚だったのです。

ですが、文化の保存のためにも、体のためにも、
この「白」の代表格。
大事にしていきたいですよね。








江戸の都市部では白米が浸透し、
ビタミンB1不足からくる『脚気』を患う人が増えていました。
(これを【江戸患い(わずらい)】と呼んでいました。)
その中、小松菜は真冬にも食べれる青物として重宝がられていたのです。
今でこそ1年中出回っていますが、もとは冬野菜の小松菜。
寒い時期こそ美味しくなる野菜なのです。

この小松菜。
原産地は南ヨーロッパの地中海沿岸といわれ、中国を経て、
鎌倉時代には日本に入ってきました。

そして、江戸初期には、江戸川区近辺で盛んに栽培されていたといいます。
中川と江戸川に挟まれた温暖な低湿地が生育に適していたようです。
ただし、この頃は<葛西菜><冬菜>と呼ばれていて、
決まった呼び名はなかったのです。

その<葛西菜>を小松川村の椀屋九兵衛が品種改良し、
味・香り・栄養ともに優れた葉野菜に育て上げます。
これが現在の小松菜です。

<小松菜>の命名したのは、江戸中期、八代将軍吉宗であったといいます。
鷹狩で訪れた吉宗の休憩所として使用した香取神社の神主が、
餅のすまし汁に小松菜をあしらって吉宗に差し上げたところ、
大変喜ばれ、小松川の地名から<小松菜>という名を与えたといわれています。

江戸後期の『新編武蔵風土記稿』の中には、

「菜は東葛西領小松川辺の産を佳作とする。
                世に小松菜と称せり。」
とあります。

小松菜が広く親しまれていたことが、伺えますね。







| ホーム |


前ノ頁«  上ニ戻ル  » 次ノ頁


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。