プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
向島・長命寺の桜餅のお話・・・。

当時、<美人で評判だった看板娘>を眺めながら桜餅を食べるために、
午後から日暮れまでの往復をした地方武士の日記が残っています。
そんなこんなでも有名だった長命寺です。。

どれだけ売れてたと思います???
『兎園(とえん)小説』によれば、1824年1年間で38万7500個
とあります。。
1日1062個。機械なんてなかった時代、すごいと思いません?


また、この長命寺の名付け親は、三代目将軍家光公です。
ご存知でしたか?
このお寺の元の名は、常泉寺といいました。
ある鷹狩りの帰り道に、急に具合が悪くなった家光公。
この寺の境内の井戸水を飲んで、すぐ治ったことから
将軍から<長命水>とゆー名を賜り、お寺も改名されたそうです


             桜餅vol.1は→こちらをクリック


現在もこの桜餅は売っています。。
【長命寺の桜餅】
〒131-0033 東京都墨田区向島5-1-14
電話:03(3622)3266 FAX:03(3622)6509
営団地下鉄銀座線:浅草駅より徒歩20分・浅草駅より都バスで10分
東武線:曳舟駅・業平橋駅より徒歩15分






スポンサーサイト

<< 江戸時代の物価いろいろ | ホーム | 桜餅 vol.1 >>

コメント

常泉寺

長命寺の近く言問橋の向島側にも常泉寺が有ります。江戸時代に傷寒論を学んでいた日本全国の同士が著者漢方薬の祖「張仲景」先生を忍んだ碑があります。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。