プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七味唐辛子(しちみとうがらし)は日本の調味料。
唐辛子を主原料として、各種の副材料で風味をつけるとともに、
辛味をほどよく抑えています。
漢方薬の集まりなので、体にもとっても良いです^^

また、七味唐辛子というのは上方風の名前。
江戸では七種唐辛子(なないろとうがらし)と呼ばれるのが
普通だったそうです。
しばしば「七味」と略されます。

日本での七味唐辛子のルーツは江戸初期
初代からしや徳右衛門という人が江戸・薬研堀(やげんぼり)で
売り出したことから始まります。
薬研堀は現在の東京は両国橋のあたりで、
「薬研(やげん)」とは当時の薬(漢方薬)をすり潰す道具の事で、
その名の示すように周囲は医者や薬問屋が集まっていた所でした。
当時、
漢方薬を食に利用できないかと考案されたのが七味唐辛子なのです。
この最も古い歴史を持つ『やげん堀唐辛子本舗』の七味唐辛子は
「生の赤唐辛子」「煎った赤唐辛子」「粉山椒(こなさんしょう)」
「黒胡麻」「芥子の実」「麻の実」「陳皮」

の七種類の薬味が入っています。
当時、江戸庶民のポピュラーな食べ物であった蕎麦に
ピッタリと合う薬味であったので人気が高まりました。
風邪予防にもなっていたのではないでしょうか?

ところで、日本には『やげん堀』の他に江戸時代から続いている
2軒の七味唐辛子屋さんがあることを、
そしてその2軒の七味唐辛子屋さんが使っている七種類の素材も
『やげん堀』のそれとは少しずつ違っていることを知っていますか?

江戸庶民の間で人気になった『やげん堀』の七味唐辛子は、
しだいに東京(江戸)から関西(京都、大阪)へと広がり、
やがて江戸中期
長野の善光寺と京都の清水寺の参道に独自の七味唐辛子を
売る店が現れました。

それが『八幡屋礒五郎(やはたやいそごろう)』(長野)と
『七味家(しちみや)本舗』(京都)です。

『八幡屋礒五郎』の七味唐辛子に使われている七種類の薬味は
「赤唐辛子」「生姜」「陳皮」「山椒」「黒胡麻」
「青紫蘇」「麻の実」

また、『七味家』が使っている薬味は「赤唐辛子」「山椒」
「白胡麻」「黒胡麻」「青紫蘇」「青海苔」「麻の実」
の七種類です。

それぞれの土地の食文化に適した組み合わせが生まれたわけですね。
最後に江戸の町の「七味」を売っていた物売りの口上をひとつ。

 「 とんとん、とうがらし、ひりひりからいは、さんしょのこ、
   すはすはからいは、こしょうのこ、護摩のこ、陳皮のこ、
   とんとん、とうがらし。。
   中でよいのが娘の子、
   いねぶりするのが禿(遊女見習い)の子。       
 」

いかがでしょうか?






スポンサーサイト

| ホーム | 古傘<ふるがさ> >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

気持ちよくしてあげたいのに(;_;)

"未経験の男の人のエッチって、一生懸命動いてくれて、なんだか凄く愛情を感じますよね☆
そんな時、私もがんばらなきゃ!って思うんですけど。。。

相手の気持ちよさそうな顔見てると、私すぐイってしまっちゃうんですよね。。。
今思い出しただけでも、ジュンって来ちゃってますし(///-///)

,http://bjoyq.net/pre_h/b6O9FENy/,13.jpg

なるほどです

いつも見ています。いつも更新感服します。僕も努力しないと・・・。もう寒くなってきたので体に気をつけて下さい。またよらせて頂きます。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

SEX


SEX


SEX


SEX


はじめまして!

はじめて訪問しました!僕はご飯に醤油と七味唐辛子を混ぜて食べるのが大好きです!七味唐辛子マニア(笑)です。又、ちょくちょく訪問させてもらいます!宜しくお願いします!

はじめまして。
興味深い内容ですね。
応援しています。

ありがとうございます^^~~

遊びに来てくれて嬉しいです。。
書きたいコトがいっぱいありながらも、
止まっちゃってるこっちのブログ。。
近いうちにUPしたいなぁ~~^^;

七味唐辛子専門店の七味。
頂いたことありますが、やっぱり美味しいですよ~~。
バランスがいいのと、香りがいいのと。。
我が家の今年の唐辛子も、収穫続いてます!

今回はこちらにおじゃましました。
七味唐辛子屋さん、というのがあるのですね!トウガラシ専門で長い間続いているお店があるなんて、驚きです。

うちも、そろそろトウガラシの収穫です。

遊びに来てくれて嬉しいです^^

ちょっとこちらのブログは休んじゃってますが、
もうちょっとで再開します^^
よろしくお願いします~~~。

塩を使分けてる人って、結構いるかと思うんですが、
七味を使分けてるって凄い@@
感動です。。。

七味

お邪魔します。
とてもとても、七味好きなのです。
「八幡屋礒五郎」「七味家」、そして、「やげん堀」と、すべて自宅にそろえています。鍋にはこれ、うどんには、そばには、と、自分なりに楽しんでいるのです。京都・祇園にある「原了郭」の「黒七味」もまた、おいしいです。江戸の食を紹介する企画を連載したこともありましたが、江戸にはおいしいものがいっぱいですね。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


芥子芥子からし。香辛料のからし。 → からしがいし。カラシナの種子(からし)の生薬名。→ カラシナけし。アヘンを含むケシ科の植物。→ ケシ.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Lice

漢方薬の材料 2007/09/14 18:55

関東vs関西、七味唐辛子

 浅草へ行くと、やげんぼりの七味唐辛子をよく買う。ただ、味噌汁に入れたり、漬物にかけたりする程度だからあまり減らない。そんなわけで開封していない袋がたまってたりすることがある。 浅草のやげんぼり、京都清水寺の七味屋本舗、長野善光寺八幡屋礒五郎の三店が三大

フクロウと大理石 2007/04/10 19:18

 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。