プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今は鉄とビニールでできた傘も、
江戸時代は紙と竹。リサイクルの対象になりました。

傘の古骨買い(再生するため専門に買い集める業者)

買値は傘の状態によって、四文、八文、十二文の三段階。
これ以上の超オンボロは燃料用に別に売ります。
買値が中途半端な金額なのは、
四文銭というコインが広く流通していたため、
四の倍数になっているからです。

古傘問屋

古傘買いが買い集めた古傘は、
専門の古傘問屋が集めて油紙をはがして洗い、
糸を繕ってから傘貼りの下請けに出しました。
時代劇には、
裏長屋に住む浪人者が内職に傘を貼っている場面が
しばしば登場しますが、
あれはほとんどが古傘の再生だったのではないでしょうか?

はがした油紙は、
痛みの激しい部分には焚き付けにでもしたのでしょうが、
広い面積が使える部分は丁寧にはがして
特殊な包装用に売っていたそう。
傘に貼ってあったから雨風にさらされて桐油の臭みは抜けていますが、
まだ防水性が残っているので、
味噌や魚の包装紙等に使われていました。

見事なリサイクルシステムです^^。。






スポンサーサイト

<< 七味唐辛子<しちみとうがらし> | ホーム | 葱<ネギ> >>

コメント

はじめまして。

傘に関するお話、とってもためになりました。
昔はいろいろなものをリサイクルして使っていたんだな~って思いました。
私もこれから、リサイクルできるものはなるべくしていきたいです。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。