プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お花見には、貴賎・老若・男女関わらず参加することが出来ました。
今なら普通のことですが、身分の上下が厳しく、
階層によって住む場所も着るものも規制のあった当時としては、
大変開放感のある行事だったことでしょう。

そして、色々なひとが集まる中、恋の出会いも多々あったのです。
その恋の出会いの一役を買ったのが花見幕
大きく家紋を染め抜いたものや太い横じまのもの等様々ありました。
江戸前期後半頃の記録では、上野の境内に多い時には300あまり、
少ない時でも200の花見幕が並んだとあります。

たくさんの人が行き交う中、花見幕で囲んでしまえるのは
身分があったり富俗な人たちですが、
この花見幕の隙間から垣間見える着飾った人の影や美しい髷は、
妙に官能的で思い募ることだったのでしょう。

       すれすれなものは花見の幕隣 
       ほころびを覗いて歩く花の山

お花見は、着飾った姿を見せることのできる数少ない機会。
階層や身分を超えて見初められるやも知れず、
江戸の町方の女性達は、富裕であれ貧乏であれ、
自分の懐具合に合わせた精一杯のお洒落をして出かけたのですね。。

江戸の花見の華やかさが思い浮かぶようで、うきうきします。






  
スポンサーサイト

<< 葱<ネギ> | ホーム | 江戸暦<4月> >>

コメント

認定カウンセラー

認定カウンセラーは、カウンセリングを通して、国民の教育、健康、福祉の向上に貢献するとともに、カウンセリングの研究と実践の進歩と発展に資することを目的に設置された資格で、日本カウンセリング学会が主催する http://tendon.wglorenzetti.com/

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。