プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちらも”暴れん坊将軍・徳川吉宗”が庶民が楽しめるように
桜・桃・柳を植えさせたのが始まり。
(この時植えられた桜は100本あまり。)
花の名所を代表する第一位はここ!と、
江戸府内絵本風俗往来』に描かれています。

隅田川の桜の人気は、やはり清流と桜とゆー風景と
江戸中心部から歩いて1時間ほどと近かったことが要因でしょう。
河畔には、掛け茶屋や料理茶屋も立ち並びます。
船から眺められる風雅な桜とゆーコトで、
文人墨客(ぶんじんぼっかく)に人気があったそうです。
隅田川の土手は、墨提(ぼくてい)という
風雅な名前で呼ばれていたのもその一因でしょう。。
付近には、浅草寺や吉原も控えていて、遊ぶには絶好の場でした。

浅草寺の境内には、
古くから茶店や見世物小屋も数多く立ち並んでいました。
また、歌舞伎に芝居街が江戸後期初頭に猿若町に移ったこともあり、
浅草寺と川を挟んだ向かい側の向島は
芸人の遊びどころとしても知られていました。
そのような地での最新流行の風を感じることも出来たのです。

今もここは桜の名所としては一位二位を競ってますね。






スポンサーサイト

<< 江戸暦<4月> | ホーム | 鋳掛<いかけ> >>

コメント

角質細胞で部分ダイエットに挑戦

角質細胞とは、皮膚の一番上にある角質を構成している細胞のことです http://rolling.crosstudio.net/

ラズベリーは美容と健康によいらしい

ラズベリーはキイチゴの一種です http://roturier2.crosstudio.net/

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。