プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの”暴れん坊将軍・徳川吉宗”が庶民が楽しめるように、
1270本の山桜を植えさせたのが始まりとゆー
飛鳥山の桜(現:飛鳥山公園)。。
江戸城内から移植した多くの桜の苗木が育つにつれ、
上野をしのぐ桜の名所に育っていったそうです。
江戸中期のことでした。

気兼ねなくどんちゃん騒げると、大人気の花見の名所だったそうです。
粋な計らいをする将軍・吉宗が人気があったのも頷けますね。

ただここは、遠いのが難点でした。
当時の交通事情だと・・・
江戸から泊りがけのお花見になってしまうのだとか。。
(江戸中心部から歩くと2時間ほど。)

ではどうして、そんな人気があったのでしょうか?
江戸後期になると”師匠の花見”などの団体がお花見に繰り出し、
素人も玄人も芸の披露していました。。
ここ飛鳥山は、その点、場所がたっぷりとあって人気だった訳です。

将軍・吉宗が治世を始めた当時、
江戸近辺の桜の名所は寛永寺程度しかなかったそうですから、
現在のお花見文化を育てたと言っても過言ではないのではないでしょうか?
開放時には、将軍・吉宗自ら
飛鳥山に宴席を設け、名所としてアピールを行ったそうです。
今の開幕キャンペーンみたいですよね?







スポンサーサイト

<< 鋳掛<いかけ> | ホーム | 上野の桜 >>

コメント

山芋で痩せる

山芋(やまいも)というのは「山の芋」の総称です http://masculism.consultsmartz.com/

コメント有難うございました^^

お返事遅れてごめんなさい。。

yoriさん→桜。結局いつもより遅い感じですね@@
 我が家の回りもまだまだ3分咲き程度。。
 いつ満開になるのか・・・。

16tonsさん→飛鳥山まで行ってないので、
 定かではありませんが。。。
 あちこちの話を聞くと、週末以降かもしれませんね@@; 

TBありがとうございました

TBいただき、ありがとうございます。
とても素敵なブログですね!!
これからもちょくちょく寄らせていただきます。
東京もいよいよ桜が咲き始めたようで・・・笑

トラックバック どうもでした

初めまして トラックバック どうもでした
気象庁が 東京での桜の開花宣言をしたそうですが
靖国神社の「基準木」は咲いているが 他の木は あまり咲いていないそうです
飛鳥山の桜は 今どんな感じなのでしょうね?

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


江戸の花見

もう春ですね。後少ししたら、桜が見ごろになる季節を迎えます。そうしますと桜の名所には沢山の人が集まって、その桜を愛でながらちょいと1杯。。。いや5.6杯ひっかけて(笑)飲めや歌えやのドンちゃん騒ぎをする光景が各所で見受けられる事でしょう。そんな花見...

江戸街茶房 2007/03/21 08:29

 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。