プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
梅は奈良時代に中国から伝わりました。
平安時代に桜が脚光を浴びるまで「花」といえば、
梅のことだったといいます。

江戸の梅の名所で有名なところといえば
<蒲田の梅屋敷><亀戸の梅屋敷>。。。
どちらも歌川広重の『名所江戸百景』に描かれています。

<蒲田の梅屋敷>は、元々は梅を採るために梅の栽培が盛んだった地に
「和中散」とゆー道中薬で有名だった商人が梅園を作ったのが始まり。
茶店”あずまや”等も設置して、客を呼んで評判になったといいます。
現在も京浜急行線に「梅屋敷」とゆー駅があって、
東京都大田区が管理する「梅屋敷公園」として名残が残っていますが、
規模は大幅に縮小されてしまいました。

<亀戸の梅屋敷>の方は、
「清香園」という呉服商の別荘だったところ。
竜が寝そべったような梅の大木があって、
その姿から”臥竜梅(がりょうばい)”と呼ばれて、
たくさんの見物客が集まって来ていたとか。
もともとこの梅は江戸中期、
将軍吉宗が自らの愛樹をここに預け植えたのが発端とされています。
こちらは、明治の中頃、洪水で枯れてしまって、
今は梅園もなくなり石碑が残るのみになっています。









スポンサーサイト

<< 桜<さくら> | ホーム | 焼継<やきつぎ> >>

コメント

東京都公害防止管理者

東京都公害防止管理者とは、東京都の環境確保条例に基づいて東京都環境局が実施している資格 http://howto.stepuptechnologies.com/

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「天然」と「自然」

ニューヨークにビーバー 200年ぶり、生息確認(iza(イザ!):産経新聞社)

思うて学ばざれば則ち殆し 2007/03/12 16:45

 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。