プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸時代、食べられることが多かった瓜。
日本では古来から「ウリ(フリとも)」の名で親しまれてきました。
縄文時代に伝わってきたとされています。

江戸時代にも様々な種類が出回っていました。
その中でも今回は、いくつかの瓜を取り上げてみたいと思います。
(胡瓜(きゅうり)は、前回取り上げましたよね?)

歯ごたえが自慢の白瓜・越瓜(しろうり)
奈良漬や浅漬けにして、よく食卓に上ったそうです。
胡瓜(きゅうり)より堅く、
その歯ごたえが江戸人の好みにあっていたのですね。

有名なのは、田端シロウリ(現在の文京区田端付近)や
      玉造黒門越瓜(たまつくりくろもんしろうり)
            (現在の大阪市中央区玉造付近)。

とくに玉造黒門越瓜は、一般に<くろもん>と呼ばれ、
実は最も長大、濃緑色で八~九条の白色の縦縞があり、
糟漬けにして美味しかったコトから浪花名産の一つとされていました。
江戸時代の狂歌師・貞柳も、

黒門といえども色はあおによし奈良漬にして味をしろうり

                    と一首読んでいます。


続いて、甘みが魅力の甜瓜・真桑瓜(まくわうり)
『水菓子』という異名を持つほのかな甘みの瓜。
副食として人気でした。
鳴子瓜(なるこうり)として呼ばれていたのは、その産地名から。
(現在の新宿区成子坂付近)
江戸初期 幕府は、
美濃の国真桑村から農民を呼び寄せ、
鳴子と府中の是政村(現在の府中市)に御用畑を設け、
甜瓜を栽培させていたそうです。

「上等の瓜で、唐瓜とも言い、暑気をはらい、
   喉の渇きを止め、二日酔いによく効くと、重宝がられている」


                     とあります。

そして今回最後は、冬瓜・鴨瓜(とうがん)

原産地は東南アジア。
古くは果実の表面に毛があることから
加毛宇利(カモウリ)とも呼んでいました。
「カモ=毛氈(もうせん)」に似ていると見たのですね。

奈良時代には価格がウリのなかで最高であったともいわれます。

江戸時代には、冬瓜を切売りしている様子が画かれているものもあり、
よく食べられていました。
果実は貯蔵性にすぐれ、半年間の保存にも耐えられます。


瓜は、庶民にとっても身近だった野菜。
いろんな種類があるのはもちろん、
ひとつの野菜にも様々な字が当てられていました。
上に記載されている漢字もその中の一部です。。











スポンサーサイト

<< 焼継<やきつぎ> | ホーム | 潮干狩り<しおひがり> >>

コメント

あおさはダイエットに効く?

あおさは学名ではヒトエグサと呼ばれる海藻の一種です http://haggard.sabellsenterprises.com/

コメントありがとうございます^^

ぴかママさん→遊びに来てくれてありがとうございます^^
 これからもよろしくお願いしています。
 ぼちぼち更新していきま~~す。

おもしろいトラバありがとうございます☆

私、歴史大好きなのでとっても興味あります。今度ゆっくり遊びに来ますね。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。