プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在でもよく食べられる胡瓜。
インド北部、ヒマラヤ山麓が原産です。

日本では平安時代から栽培され始めます。
胡瓜の「胡」という字は、
シルクロードを渡って来たことを意味しています。

江戸時代 、胡瓜は、毎日の食卓に頻繁に登場したといわれています。

「 切り口が葵の御紋に似ているから恐れ多い 」

と、口にしない武士もいたといいますが、
庶民は、生で・ぬか漬けで・一夜漬けで、好んで食べていました。

江戸で最初に胡瓜が作られたのは砂村。
(現在の江東区北砂・南砂付近)
節成胡瓜(ふしなりきゅうり)という品種が
関西方面から伝わってきたことに端を発します。

胡瓜は、気温や風雨といった気候条件には左右されますが、
土の性質にはこだわらず、
保水能力さえあればどこでも栽培できる野菜です。
砂村で盛んに栽培されるようになったのは、
むしろ下肥の入手が容易であったことが要因のようです。
胡瓜は、短期間で成長する野菜。
当然何度も追肥が必要になってきます。
なおかつ水肥を好むので、下肥は有効だったのです。

また、<聖護院胡瓜(しょうごいんきゅうり)・京都>や
<毛馬胡瓜(けまきゅうり)・大阪>は、
江戸時代に品種改良されたものです。



ただし、江戸初期の胡瓜は相当苦かったようで・・・。
なぜなら、当時、
胡瓜は完熟させて黄色く熟したきゅうりを食べていたようなのです。
その頃の文句が残っています。

「 これ瓜類の下品なり。味良からず、かつ小毒あり。(菜譜1714年)」 

「 毒多くして能無し。植えるべからず。食べるべからず。(水戸光圀)」



江戸末期になり、江戸砂村できゅうりの早出し栽培が始まります。
今のように緑色の胡瓜が出回るようになったのです。
それから、がらっと胡瓜の野菜としての格が変わりました。

ご飯のおかずやおやつに便利な野菜・胡瓜は、
江戸末期から庶民の喜ぶ味の野菜になったわけですね。









スポンサーサイト

<< 紙屑<かみくず> | ホーム | 雛祭<ひなまつり> >>

コメント

洋食器


ありがとうございます^^

nishibashiさん→コメントありがとうございます。
 そ~言っていただけると、とっても嬉しいです。
 ぼちぼち更新していきます。
 末永くよろしくお願いいたします^^

ありがとう!!

トラックバック有難うございます。

”江戸生活史”
全部ではないですが、面白く読ませていただきました。
僕の知らないことがたくさん書いてあります。非常に興味深いブログだと感じました。
ブックマークに加えさせていただきます。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。