プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸の都市部では白米が浸透し、
ビタミンB1不足からくる『脚気』を患う人が増えていました。
(これを【江戸患い(わずらい)】と呼んでいました。)
その中、小松菜は真冬にも食べれる青物として重宝がられていたのです。
今でこそ1年中出回っていますが、もとは冬野菜の小松菜。
寒い時期こそ美味しくなる野菜なのです。

この小松菜。
原産地は南ヨーロッパの地中海沿岸といわれ、中国を経て、
鎌倉時代には日本に入ってきました。

そして、江戸初期には、江戸川区近辺で盛んに栽培されていたといいます。
中川と江戸川に挟まれた温暖な低湿地が生育に適していたようです。
ただし、この頃は<葛西菜><冬菜>と呼ばれていて、
決まった呼び名はなかったのです。

その<葛西菜>を小松川村の椀屋九兵衛が品種改良し、
味・香り・栄養ともに優れた葉野菜に育て上げます。
これが現在の小松菜です。

<小松菜>の命名したのは、江戸中期、八代将軍吉宗であったといいます。
鷹狩で訪れた吉宗の休憩所として使用した香取神社の神主が、
餅のすまし汁に小松菜をあしらって吉宗に差し上げたところ、
大変喜ばれ、小松川の地名から<小松菜>という名を与えたといわれています。

江戸後期の『新編武蔵風土記稿』の中には、

「菜は東葛西領小松川辺の産を佳作とする。
                世に小松菜と称せり。」
とあります。

小松菜が広く親しまれていたことが、伺えますね。







スポンサーサイト

<< 江戸の味覚 | ホーム | 大根<だいこん> >>

コメント

30代,40代で転職して航空整備士

航空整備士は、飛行機の航空の安全を守る、機体整備の専門家 http://lactescent.rcrane4law.com/

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。