プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在の国内作付・収穫量ともにトップクラスの野菜。
私達にも身近なこの食材<大根>が、
(英語で表すとJapanese Radish。)
意外にも、外来種だって知ってます?
しかし、鎌倉時代には普及していたとはいえ
日蓮上人の見た大根は「大仏殿の大釘」程の太さ。
品種改良が進められたのは室町時代の中期。
今のような太さ・大きさになったのは江戸時代の中期の頃だとか。

大根はいずれ世帯の料理草

江戸時代も中期になると、大根は庶民の味方に。
練馬大根を筆頭に亀戸大根等、近郊でふんだんにとれました。
安価で利用価値大。
今以上に使われていました。
生で、おろして、塩もみ、ぬか漬け、三杯酢、ゆでて、煮込んで、
炒めて、揚げて・・・・。
捨てる部分もありません。
葉はみじん切りにして、ふりかけに。
皮は細く切って、きんぴらに。。
食べごたえもあって胃にもたれないと大人気でした。

下女大根五百三本ほどにうち

二の腕たくましい山出しの下女は、ざくざくっと大根をきざみ、
千六本の倍の太さにきざんでるとゆー茶化し川柳です。







スポンサーサイト

<< 小松菜<こまつな> | ホーム | 山鯨<やまくじら> >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。