プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長屋の朝は、明け六つ(午前6時頃)に始まります。
普通明け六つの鐘が鳴らされるのは、夜明け30分前。
まだ暗いうちから、江戸の朝は始まっていたのです。

朝食はどんなものだったのでしょうか?

まず1日分のご飯を炊いて、鍋で御御御汁(おみおつけ)を作ります。
調理はこれだけ。
漬物鉢を出せばおしまいです。。

ゆとりのある家では、煮た豆などのおかずがつくこともありましたが、
通常は「飯・御御御汁・漬物」が定番でした。
たまに納豆がつくと大喜びの朝食だったのです。

納豆と蜆(しじみ)に朝寝起こされる

ただ、御御御汁の具は毎朝、
天秤棒で家先にまで売りに来る棒手振り(ぼてふり)から新鮮なものを買います。
 (上記の川柳にもありますね。。。)
具は、必ず2種類以上だったとか。。。
 (今の食事事情を考えると、逆に<ご馳走>と言えるのかもしれません。
だけど、この字すごいですよね?
「御」が三つ。非常に価値ある食べ物だったことが想像されますね。
そして、この御御御汁、飲まれるのは朝だけだったようです。
大振りのお椀でいただいていました。

炊き上がったご飯は、釜から飯櫃(めしびつ)に移され、
これで1日が賄われます。
ご飯は、朝のみ炊くものだったのです。。






スポンサーサイト

<< 山鯨<やまくじら> | ホーム | 雑煮<ぞうに> >>

コメント

スッポンダイエットについて

スッポンは南アメリカをのぞく熱帯から温帯にかけて広く生息している水生のカメの一種で、中国では3000年以上も前から滋養強壮・不老長寿によいと珍重されてきました http://valuable2.sabellsenterprises.com/

コメントありがとうございます^^

はじめまして^^
「おみおつけ」って呼び名も江戸っ子の呼び方だったみたいですよ。。
暮らし方も楽しいですから、ぜひまた遊びに来てくださいね~~。

初めまして~♪

履歴を見て~遊びにきました(^_^)v

おみおつけって「御御御汁」って書くんですね・・・知りませんでした(>_<)

私の、今朝のご飯はおにぎりと漬け物ですから・・・たいして変わりないですね(笑

歴史は学習しても、その時代の暮らしに目を向けることって~あまり無いですよね。

また、遊びにこさせて頂きま~す♪


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。