プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸時代の漁業で特筆すべきは、
食用だけでなく、灯油肥料農薬としても利用できる捕鯨が盛んになったことだそうです。

江戸初期には、近海を南下する鯨を組織的に捕獲するようになっていました。
しかし、多人数を要する事から限られた地域のものでしたが。。
捕獲地は、尾州・紀州に始まり、関東・東北・九州などに広がりを見せていきました。

どのように食されていたのでしょうか?
主に汁物として利用されていましたが、現代のように流通が良い時代ではなかったので、
地方によって流通形態は違いました。
『江戸食べもの誌』には・・・
紀州から九州にかけては鯨漁が盛んだったことから、
鯨の生肉を鍋物にしたり、味噌汁やすまし汁にして食していたとあります。
井原西鶴の『日本永代蔵』には・・・
京都を舞台に酒漬にした皮付き鯨肉を味噌汁かすまし汁に仕立てた
「皮鯨の吸い物」が登場しています。
関東から北では、鯨を塩漬けにしたものが流通されていたそう。

また、鯨は冬の季語。
江戸時代の歳末大掃除「煤払い」には、欠かせない食材になっていました。





スポンサーサイト

<< 鮨・寿司・鮓<すし> | ホーム | 江戸暦<2月> >>

コメント

柔道一直線

柔道の検索サイト。柔道技、柔道部、教室、高校、野村など柔道に関する各種情報をお届けしています。 http://haft4.santamonicatravelodge.com/

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。