プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸時代の日本人って、どれくらい働いていたと思います?
(もちろん職種によって違うんですが・・・。)

江戸時代は、今と違って通勤時間に往復1時間も2時間もかかることはありません。
職と住が近接していたから、時間的なロスもありません。
心身の疲れもその分少なく、のんびり働いていただろうと想像できます。

さて、それぞれの職種を見てみましょう。。


<大工や左官屋の職人> 

朝六つ半(午前7時)~夕方七つ半(午後5時)まで。
 今とそんなに変わりませんね。
 でも、昼四つ(午前10時)の小休み・中食(昼食)・昼八つ(午後2時)の休みが・・。
 実質的にゆーと8時間くらいになります。

*昼が短い冬季には、労働時間も短くなり1日4時間程しか働いてなかったよう)
 
 急ぎ仕事の時には、早朝・夜も働くこともあったのは今と同じ。
 この場合、残業手当として半日分余計にもらえたそう。


<商家の番頭や手代>

朝五つ(午前8時)~暮六つ半(午後7時)まで。
 11時間労働です。
 この場合も休みはあったでしょう。
 但し、丁稚(年季奉公の年少者)は、雑用を片付けるため1時間ほど長く働いていました。


<棒手振(ぼてふり)>

朝六つ半(午前7時)~売れ行き次第。
 商品や天候季節にもよりますが、蜆(しじみ)売りの場合、4~5時間だったとあります。


<饅頭(まんじゅう)屋>
暁七つ(午前4時)~夜の四つ(午後10時)まで。。
 18時間も店を開けていたことに。寝ていたのでしょうか?


季節のよって、働かない時期があるのが江戸時代の特徴です。
その時期は、現在の半分、1/3の労働時間になります。
それ以外は、現在と変わらない労働時間のように思えました。






スポンサーサイト

<< 酢<す> | ホーム | 見立番付<みたてばんづけ> >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。