プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本料理ってどんな流れで今まで来ているのか?
そんなこと考えたことありませんか?

そんなこと考えて、時代をさかのぼってまとめてみました^^。


<古代>
   堅鰹煎汁→味のベース。出汁。調味料として使用。 

<弥生時代>
   朝鮮半島経由で、本格的に水田稲作が始まる。

<平安時代>
   中国から影響を受けた大饗料理を用いていた。

<鎌倉時代>
   精進料理。

<室町時代>
   日本的な本膳料理。
   日本料理の基礎が発展。
   儀礼的な冷めた料理。
   鰹節→鰹出汁として使用。
   北海海の昆布・味噌・麹・酒→全国に流通。

<戦国時代>
   茶の湯の発達。
   精進料理&本膳料理の長所を入れた
        会席料理(現在の懐石料理)が茶の湯に誕生。

<江戸時代・元禄>
   料理の世界に会席料理が登場。
        *ここでの会席は上記と同じく懐石。
         季節感を大事にした、
           盛り付け・しつらえに心配った料理。

<江戸時代・後期>
   現在の宴席料理である会席料理が流行。
   懐石と会席。呼び分けが始まる。
   

江戸時代のことは、これから書くとして、
ホントに簡単ですが、こんな感じ。


室町時代までに築き上げられた、

日本料理の基礎が江戸時代に発展。

そして、

大衆化・庶民化していったのでありました








スポンサーサイト

<< 酒についての小噺 | ホーム | ブログはじめました! >>

コメント

熟女との出会いをお探しならこちらで

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。