プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「居酒屋」の始まりは、江戸時代。。

富裕層の旦那衆の集まる料亭とは違って、
「居酒屋」の客は、大工や職人棒手振などの労働者が主。
江戸の庶民の憩いの場でした。
こうした低収入を相手にした飲食業は、「辻売り」と呼ばれる屋台や
棒手振(棒手振(ぼてふり)は→ここをクリック)が中心でした。
しかし、次第に屋台が固定されたような
小規模な店が増えていきました。。

「居酒屋」は文字通り、酒屋に居ながらにして飲ませるところ。
初めは、酒屋が味を試してもらうためのものっだたそうです。。
小売りの酒屋が、出稼ぎ労働者相手に
店先で枡(ます)や湯飲みで一杯立ち飲みが、始まりとされています。

やがて鎌倉河岸(千代田区内神田)の
【豊島屋】とゆー酒屋が、ただ立ち飲みさせるだけでなく
簡単な肴(馬方田楽:特大豆腐を焼いて味噌を塗る)
も出すようになって、たいそう繁盛しました。
日銭稼ぎの労働者から武士まで押しかけたとゆーから
すごいことです。。
このように一杯やりながら、
小腹を満たせる場へと発展したのが現代の「居酒屋」の原型です。。

【豊島屋】の繁盛に端を発して、
江戸の町に簡単な肴を出す「居酒屋」が次々に誕生していきます。

それから50年程たってくると、少し変化します。
「煮売酒屋」が増えてくるのです。
煮売(にうり)とは、
ご飯に魚や野菜、そして豆なんかを煮て売ること。
持ち帰って食べたり、その場で食べたりしていた「煮売屋」で、
酒を飲ますようになり「煮売酒屋」と呼んだようです。
そうした一方で「飯屋」でも酒を飲ますようになります。
こうした飯も酒も出来るお店の入り口には
「縄のれん」がかかっていたことから「縄のれん」
と呼ぶようになります。。。


居酒屋の中は、
TVの時代劇なんかでは飯台の周りに置かれた椅子に客が座り、
若い女性が燗徳利(かんとっくり)を運んでる様子が
描かれています。。。

日本の酒場で椅子が一般的になったのは、大正時代。。
江戸時代の「居酒屋」では、土間に床机(しょうぎ:横に長い腰掛)、
酒の空き樽にじかに座る、樽と樽の間に渡した板の上に、
または畳の上に座って飲んでいました。
そして、女性でなく若い男性が給仕していたそうです。。

「片足しまって居酒(いざけ)飲んでる」

とゆー川柳にもあるように横に酒と肴を置いていた時代、
かったるくなると片足上げて飲んでいたようで・・・。

値段は、酒1合20文400円~32文640円
肴を2.3品頼み、酒を3合も飲めば
軽く100文2000円近くになった計算です。

「縄のれん」をくぐる気持ちは今も昔も変わらないと、
あちらこちらに描かれています。





スポンサーサイト

<< 桜餅 vol.1 | ホーム | 棒手振<ぼてふり> >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。