プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
七味唐辛子(しちみとうがらし)は日本の調味料。
唐辛子を主原料として、各種の副材料で風味をつけるとともに、
辛味をほどよく抑えています。
漢方薬の集まりなので、体にもとっても良いです^^

また、七味唐辛子というのは上方風の名前。
江戸では七種唐辛子(なないろとうがらし)と呼ばれるのが
普通だったそうです。
しばしば「七味」と略されます。

日本での七味唐辛子のルーツは江戸初期
初代からしや徳右衛門という人が江戸・薬研堀(やげんぼり)で
売り出したことから始まります。
薬研堀は現在の東京は両国橋のあたりで、
「薬研(やげん)」とは当時の薬(漢方薬)をすり潰す道具の事で、
その名の示すように周囲は医者や薬問屋が集まっていた所でした。
当時、
漢方薬を食に利用できないかと考案されたのが七味唐辛子なのです。
この最も古い歴史を持つ『やげん堀唐辛子本舗』の七味唐辛子は
「生の赤唐辛子」「煎った赤唐辛子」「粉山椒(こなさんしょう)」
「黒胡麻」「芥子の実」「麻の実」「陳皮」

の七種類の薬味が入っています。
当時、江戸庶民のポピュラーな食べ物であった蕎麦に
ピッタリと合う薬味であったので人気が高まりました。
風邪予防にもなっていたのではないでしょうか?

ところで、日本には『やげん堀』の他に江戸時代から続いている
2軒の七味唐辛子屋さんがあることを、
そしてその2軒の七味唐辛子屋さんが使っている七種類の素材も
『やげん堀』のそれとは少しずつ違っていることを知っていますか?

江戸庶民の間で人気になった『やげん堀』の七味唐辛子は、
しだいに東京(江戸)から関西(京都、大阪)へと広がり、
やがて江戸中期
長野の善光寺と京都の清水寺の参道に独自の七味唐辛子を
売る店が現れました。

それが『八幡屋礒五郎(やはたやいそごろう)』(長野)と
『七味家(しちみや)本舗』(京都)です。

『八幡屋礒五郎』の七味唐辛子に使われている七種類の薬味は
「赤唐辛子」「生姜」「陳皮」「山椒」「黒胡麻」
「青紫蘇」「麻の実」

また、『七味家』が使っている薬味は「赤唐辛子」「山椒」
「白胡麻」「黒胡麻」「青紫蘇」「青海苔」「麻の実」
の七種類です。

それぞれの土地の食文化に適した組み合わせが生まれたわけですね。
最後に江戸の町の「七味」を売っていた物売りの口上をひとつ。

 「 とんとん、とうがらし、ひりひりからいは、さんしょのこ、
   すはすはからいは、こしょうのこ、護摩のこ、陳皮のこ、
   とんとん、とうがらし。。
   中でよいのが娘の子、
   いねぶりするのが禿(遊女見習い)の子。       
 」

いかがでしょうか?






スポンサーサイト
今は鉄とビニールでできた傘も、
江戸時代は紙と竹。リサイクルの対象になりました。

傘の古骨買い(再生するため専門に買い集める業者)

買値は傘の状態によって、四文、八文、十二文の三段階。
これ以上の超オンボロは燃料用に別に売ります。
買値が中途半端な金額なのは、
四文銭というコインが広く流通していたため、
四の倍数になっているからです。

古傘問屋

古傘買いが買い集めた古傘は、
専門の古傘問屋が集めて油紙をはがして洗い、
糸を繕ってから傘貼りの下請けに出しました。
時代劇には、
裏長屋に住む浪人者が内職に傘を貼っている場面が
しばしば登場しますが、
あれはほとんどが古傘の再生だったのではないでしょうか?

はがした油紙は、
痛みの激しい部分には焚き付けにでもしたのでしょうが、
広い面積が使える部分は丁寧にはがして
特殊な包装用に売っていたそう。
傘に貼ってあったから雨風にさらされて桐油の臭みは抜けていますが、
まだ防水性が残っているので、
味噌や魚の包装紙等に使われていました。

見事なリサイクルシステムです^^。。






江戸でネギが栽培されるようになったのは、
関西からの入植者が開拓した砂村や
宿場町として栄えていた品川でした。
これらのネギは関西系の葉ネギ。
寒さに弱く霜枯れしてしまいましたが、
土の中の白い葱は変わらず美味だった為、
改良されて白茎葱として発展。広がっていきました。

とくに「千住ネギ」は、
その品質・収量が優れていることから、関東の代表品種となり、
日本全国で栽培されるほどの人気になりました。
産地の中心は、南葛飾郡金町村(現在の葛飾区金町・東金町)で、
砂村から伝わった「砂村ネギ」と地元のネギ等から
選抜改良されていきました。。

ネギの白い部分は、葉の一部が重なったものですが、
ここが長くて、びっしりと詰まったしまりのよいもの程、
良品とされます。
その為には、最初から深く植えるのではなく、
成長に従って徐々に土寄せして盛り上げていく栽培方法が有効でした。
これには、水はけがよく乾燥しない土が適していて、
崩れやすい火山灰土は向きません。
「千住ネギ」の産地である葛飾区・足立区一帯は、
もともと川の氾濫地帯で水分を含んだ沖積(ちゅうせき)地帯の為、
ネギの栽培に最適だったのです。

ここ千住に日本で唯一、長葱だけの市場が今もあります。
屋号は山柏、江戸末期から続く青果市場(現:山柏青果物市場)です。

江戸時代は、他の物も扱う市場だったのですが、
現在ではこの日本でもまれに見る専門市場(つまり葱のみ)。
ここには近郊の極上ものが続々と集まってきます。
競りの時間は朝の6時半から、それもわずか10分程。
この市場があってこそ、高い品質と流通が守られています。







お花見には、貴賎・老若・男女関わらず参加することが出来ました。
今なら普通のことですが、身分の上下が厳しく、
階層によって住む場所も着るものも規制のあった当時としては、
大変開放感のある行事だったことでしょう。

そして、色々なひとが集まる中、恋の出会いも多々あったのです。
その恋の出会いの一役を買ったのが花見幕
大きく家紋を染め抜いたものや太い横じまのもの等様々ありました。
江戸前期後半頃の記録では、上野の境内に多い時には300あまり、
少ない時でも200の花見幕が並んだとあります。

たくさんの人が行き交う中、花見幕で囲んでしまえるのは
身分があったり富俗な人たちですが、
この花見幕の隙間から垣間見える着飾った人の影や美しい髷は、
妙に官能的で思い募ることだったのでしょう。

       すれすれなものは花見の幕隣 
       ほころびを覗いて歩く花の山

お花見は、着飾った姿を見せることのできる数少ない機会。
階層や身分を超えて見初められるやも知れず、
江戸の町方の女性達は、富裕であれ貧乏であれ、
自分の懐具合に合わせた精一杯のお洒落をして出かけたのですね。。

江戸の花見の華やかさが思い浮かぶようで、うきうきします。






  

| ホーム |


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。