プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次月4月の江戸暦、お届けします。

≪4月≫


1日……【朔日(さくじつ)お供え】

    【更衣(ころもがえ)】この日より、
               5月4日までは袷(あわせ)を着る。
               9月8日までは足袋もはかない。


8日……【潅仏会(かんぶつえ)】釈迦の誕生日に行われる行事。
                寺に季節の花を飾り、
                花御堂の中に仏像を安置し、
                甘茶をかけて生誕を祝う。 



<4月>から初鰹が売られ始める。。
スポンサーサイト
毎月お届けしている江戸暦の3月版です。

≪3月≫

1日……【朔日(さくじつ)お供え】
       二階座敷や蔵、庭を掃除、ひな祭りの飾りつけも行う。

3日……【上巳(じょうし)御祝い・節供(せっく)】ひな祭り
       
       富裕層は、雛壇に菱餅・あられ・炒り豆
        ・蛤(はまぐり)の吸い物・白酒を供え
        女の子の厄除けと健康を祈願した。

       庶民は、磯や河原で季節のご馳走を楽しんだ。      

   
    【節日お供え】神棚・竈神に、御灯明、御神酒、
                     食膳を供える。    

25日…【勧進相撲】


<3月>は、花見や潮干狩りのシーズンでもあったようです。






江戸町人の7割が住んでいた長屋。
決して広い場所ではないスペースには一体何が置かれていたのでしょうか?

いろいろ見てみると台所用品が主のようですね。
(まあ、狭いですし・・・)

まず台所の中心に来るのは【へっつい(竈・かまど)】で、単身者であれば1口。
夫婦者が住むようなところでは2口。
煮炊きはこの【へっつい】で行われていました。
この竈はたいがいが土製で、ひびわれてくると左官屋を呼んで直したそう。

しかしこの【へっつい】があるのも裕福な家庭のみ。(下のような歌が残されています)
土間や外で魚を焼いたり出来る【七輪(しちりん)】や【火鉢】で
代用する庶民も多かったそうです。
(下記の【火吹き竹】や【火打石】がいらなくなる・・・)
移動式コンロですね。


竈(へっつい)の地からはえてるいい暮らし


その他にも【すり鉢】【すりこ木】【菜箸(さいばし)】【杓子】【しゃもじ】【おろし金】【包丁】
【まな板】【笊(ざる)】【米櫃(こめびつ)】【箱膳】【水瓶(みずかめ)】【団扇(うちわ)】
【桶(おけ)】【たわし藁(わら)】【火吹き竹】【火打石】
等が一般的だった様ですね。

この中でも金属製品は高価なもので、
<所帯を持つ=鍋・釜を持つ>が、同義語だったとか。

そして【すり鉢】は、大活躍。
とろろ、ゴマ味噌などのすりつぶす料理も多かった他、
米とぎや盛り鉢としても使われていました。

今と同じく、独身男性の部屋は寝るだけのものと割り切り、
【へっつい】や【包丁】も持たないでいる男性も多かったようです。


そのほかの家財道具は、
【小さな戸棚】【長火鉢】【行灯(あんどん)】【寝具】【鏡台】【神棚】のみのシンプルさでした。







毎月お伝えしてる江戸暦。次は、2月です。。

≪2月≫

1日……【朔日(さくじつ)お供え】神棚・かまど神に御灯明・御神酒・食膳を供える。

14日……【お供え】仏壇に豆混じりのあられを供える。

15日……【涅槃会(ねはんえ)】釈迦入滅の日。
                地域を問わず、主要寺院で行われた。 
      一般の町屋では正月の餅を保存しておき、
      薄く切り乾かしておいたものに赤小豆餅を混ぜてお供えにした。

中旬……雛祭(ひなまつり)用として、酒店は白酒を造って売り出す。

彼岸……仏壇を掃除し、盛物を供える。
    菓子・焼き豆腐を町内に配る。
    春分の日より7日間は、寺院の沿道が参拝者で賑わう。 


<2月>は、行事が少な目のようで・・・。





ちょっと遅くなっちゃいましたが、
江戸暦<1月>やっていきたいと思います。。


≪1月≫

1日・・・・・【大福茶】一年の邪気払い「若水(わかみず)を汲んで」淹れる。
         病気にならないといわれてる。
     【御神酒拝領】祇園社
     【初詣】夜が明けてから、恵方の神社や氏神・檀那寺などに詣でる。     

    *三が日は、雑煮(年越しの夜に新年を迎えるため
     歳神様に供えた餅のお下がり)を食し、
     大福茶・屠蘇(とそ=長寿延命の薬)を飲む。
     これらの準備は、マメマメしく旦那がすると縁起が良い(家が繁盛する)。

    *六日までの間を「松の内」という。

    *お節料理は正月の神様を迎える期間、
     一切の煮炊きを慎むための保存食。
     田作り・数の子・座禅豆の三種が必需品。

    *町中に、双六売り・宝船売り・白酒売りが出る。。

    *大晦日は寝ずに、元旦を迎えると寿命が延びる。


  
    「大福茶」漬梅・切り昆布・粒山椒などを入れた煎じ茶。壮健になるといわれている。



2日・・・・・【初夢】昔は節分の夜、その後大晦日の夜、元旦の夜
      と変遷を経て江戸後期には2日の夜に落ち着いた。
      宝船の絵を買い、布団の下に入れるのが通例。
      大晦日・元旦の夜は、
      寝ずに騒ぐ江戸っ子が多かったから、2日になったのだという。
     【初湯】元旦は、秘め事・入浴・買い物は駄目。
         2日の初湯で若返る。


立春前日・・・・・【節分】*旧暦なので、日付はその年によって異なる。
       【豆祝】夕飯の後、それぞれ年齢分の豆を取る。

7日・・・・・【福沸し祝】新年・神前に供えた餅を粥に入れて食べる。
           福入雑煮とも呼ぶ。
     【若菜】現在の七草粥の起源。
         七草の若菜を添えた粥、神前にお供えし、皆で食す。

11日・・・・・【具足の餅・具足開き・鏡開・初顔祝】
       武家で甲冑(かっちゅう=具足)に供える正月飾りの鏡餅を
       下ろしてから割り、雑煮や汁粉にして食す(「具足開き」)。       
       武家以外では、「鏡開き」と呼び、
       女性は鏡台に餅を供えて「初顔祝」と呼んだ。

15日・・・・・【小豆粥祝】小豆の赤い色に呪術性があり、
 小正月   魔除けや邪気払いの意味合いから健康を願って食べた。

18日・・・・・【十八粥(元三大師供養)】「大師粥」「十八粥」とも。
       小豆の入った粥を食べ、元三大師を供養した。

20日・・・・・【恵比寿講】商家は商売繁盛を願って、
       恵比寿・大黒二天に新鮮な鯛を供えた。 


正月は、何かとめでたい行事で忙しいようです。。。






少~~~しでも、江戸を身近に感じてみたいね(^O^)ってコトで
江戸時代の様々な物の値段を列挙してみます。。
(260年もあれば物価もかなり上下している物もあります。
               あくまで、目安。。です。。)

九尺二間の賃貸料
(くしゃくにけん)  400文  8000円

米      1kg  27文   540円
握り寿司    1貫   8文   160円
蕎麦・うどん   1杯  16文   320円 
 
酒       1合  20文   400円     

スイカ     1個  38文   760円 
長命寺の桜餅  1個   4文    80円
串団子     1本   4文    80円  

髪結い(床屋) 1回  28文   560円 
風呂屋     1回   8文   160円 
蛇の目傘    1本 800文1万6000円 

浮世絵     1枚  32文   640円
煙草     1kg 427文  8540円
芝居見物   1桟敷2917文5万8340円


今に近い物もあれば、今より高い物・安い物も・・・。
外国に行った気分になれば、
江戸時代でも生活出来そうになれる位のそんな物価差ですかね。。

見比べてみれば・・・
そんなに遠く感じないでしょう??   





<九尺二間の裏長屋>が一番平均的で
70%近くがこの間取りだったようですが、、、
裏長屋にも色々なタイプがありまして~~~。
他の裏長屋の間取りと家賃も見てみましょうね。。


古いが安い・日払可
     
専有面積9.9㎡(4.5畳+キッチン)
                 →300文 6,000円


格安便利・伝統の九尺二間   

  専有面積9.9㎡(4.5畳+キッチン)
                 →400文 8,000円


ゆとりの2部屋・独立型キッチン     
専有面積19.8㎡(2畳+6畳+キッチン)
                 →1000文 20,000円


2世帯可・床下収納有

     専有面積33㎡(4.5畳+4畳+キッチン)
                 →2000文 40,000円



500文~1000文の裏長屋が多かったようですね。
狭いながらも楽しい長屋♪と楽しんでいた風景が思い浮かびます。





東京は全国でもっとも「賃貸住宅」の利用者が
多い地区なんだそうです。
善良な一般庶民が家を持つのは難しいとゆーのは、
江戸時代も同じだったようで・・・
江戸庶民の8割は、長屋住まいだったそう。。

その中でも有名な≪九尺二間(にけん)の裏長屋≫の生活の家計簿、
覗いてみましょうか。。。。


        *一ヶ月の家計簿*

          ●家賃 400文      8000円         
          ●米代 1日8合
           (1食につき夫3杯・妻2杯・子供1杯
                       江戸庶民の平均)
             36Kg       19440円
         
          ●銭湯 1回3人で20文(毎日入って)
                 600文   12000円
          ●光熱費  300文    6000円 
          ●おかず代として 1日40文
                1200文  24000円
          ●床屋  1回24文4回行ったとして
                  96文   1920円



                支出計 / 71360円
                収 入 /  10万円
                残 高 / 28640円
          (残りを、交際費や雑費に回す)
                       
                      
これは、ある長屋住まいの棒手振(ぼてふり)を想像して
計算してみたもの。。
零細企業といわれる棒手振でも
1日4~500文8000~10000円の稼ぎがありました。
約10~15日働けば、一ヶ月分の生活費がまかなえる計算です。
    (棒手振ってな~~~に?→ここをクリック


独身者なら、一ヶ月6~7日働けば良いのですが、
実際には
長屋で空きっ腹を抱えごろごろする怠け者が多かったようで・・・・


椀と箸を持って来やれと壁をぶち
とゆー古川柳が残されています。


さて、この≪九尺二間の裏長屋≫。
どれくらいのサイズだかわかりますか?
間口が九尺(約2.7m)奥行が二間(約3.6m)。
今でゆー3坪(約9.9㎡)6畳一間のワンルームってことですね。。

しかしこの中に土間があって、へっつい(かまど)が据えられて、
水桶があって、、、、。。
だから実際に今兼住居として使えるのは4畳半位でしょうか?    

部屋は畳敷きの物もありましたが、
板の間に筵(むしろ)を敷いた物が多かったよう。
その部屋に、茶箪笥・火鉢・行灯・夜具・行李(こうり:服入れ)
を隅に寄せ、衝立(ついたて)で隠すと残りは3畳。。

その中で親子3人暮らすのは、
家とゆーよりコックピット???
長屋は外に開かれていたとゆーけれど、
開かずにはいられないって感じ?


これより狭い、お部屋もあったそうです。
どんな感じになるんでしょう????????    

  



           
江戸時代に使われていた太陽太陰暦は、
季節をより実感できる暦でした。。
今のカレンダーとはちょっと違う日の動きですが、
どんな行事が行われていたのか?見てみたいと思います。


≪12月≫

1日・・・・・ 【朔日(さくじつ)お供え】
     【乙子朔日】一年の最後の月を迎えるにあたり、
          一年が無事息災に終われることを感謝して
          食べる餅。
     【鶴の献上】将軍家から天皇家へ鶴の贈り物。
          当初は将軍自身が捕らえたものでしたが、
          後には、餌付けしておいた鶴を献上していました。

8日・・・・・ 【事納め】農作業終了。正月歳時の始まり。 

    
       「上笊(あげざる)」笊を竹竿にくくりつけて、
       屋敷へ立て招福と魔除けにしたそうです。
       この日天から降ってくる福を受け、
       笊の目を見て魔物が逃げるとされていました。    

   
13日・・・ 【煤払い(すすばらい)】江戸中の家が一斉に大掃除。
        終わった後の食事には、簡単な握り飯や煮しめ。
        *江戸城では、1~12日までに掃除。
        13日(江戸初期は20日)に完了の祝儀。
        *大店では、祝儀と称して次々に胴上げする。  


       「胴上げのはやし音頭」→
       めでためでたの若松様よ~枝も栄えて葉も茂る~~
       おめでたやぁ~~サッササッササ~~~♪  


15日・・・ 【餅つき締め切り】餅を買う場合、予約の締切日。

21日・・・ 【別歳】親戚や知人を集めて、年忘れの宴会。忘年会。

25日・・・ 【餅つき】町の諸所で餅つき。
 ~27日    家々でつかれた餅は、親戚などに配られる。

         
      「丸餅」は、心臓を象徴していると言われ、
      長寿や壮健への願いが込められているそうです。
      江戸初期は丸餅の江戸っ子。
      せっかちさから、一挙にのして切る様になったそうです。
   

28日・・・ 【門松】門松を立て、注連飾り(しめかざり)をする。
 ~29日

晦日・・・・・ 【大晦日】年越し。
(みそか)     

     「王子稲荷装束」榎の下に狐火を多く見る。   
      関東8カ国の狐が1000匹あまりも集うとされ、
      明年の吉凶を占ったそうです。
 
     「掛け取り(かけとり)」大晦日に提灯を下げて夜更けまで
      歩いているのは、借金の取立て屋さん。
      仮病を使ったり、一晩中トイレに隠れたりしていました。
      正月になれば催促が伸びたそうです。。。



そんなに、現在の暮れの様子と変わらないようですね。。


  *『年中歳時記』『東都歳時記』『魚鳥野菜乾物時節記』から。





| ホーム |


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。