プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸でネギが栽培されるようになったのは、
関西からの入植者が開拓した砂村や
宿場町として栄えていた品川でした。
これらのネギは関西系の葉ネギ。
寒さに弱く霜枯れしてしまいましたが、
土の中の白い葱は変わらず美味だった為、
改良されて白茎葱として発展。広がっていきました。

とくに「千住ネギ」は、
その品質・収量が優れていることから、関東の代表品種となり、
日本全国で栽培されるほどの人気になりました。
産地の中心は、南葛飾郡金町村(現在の葛飾区金町・東金町)で、
砂村から伝わった「砂村ネギ」と地元のネギ等から
選抜改良されていきました。。

ネギの白い部分は、葉の一部が重なったものですが、
ここが長くて、びっしりと詰まったしまりのよいもの程、
良品とされます。
その為には、最初から深く植えるのではなく、
成長に従って徐々に土寄せして盛り上げていく栽培方法が有効でした。
これには、水はけがよく乾燥しない土が適していて、
崩れやすい火山灰土は向きません。
「千住ネギ」の産地である葛飾区・足立区一帯は、
もともと川の氾濫地帯で水分を含んだ沖積(ちゅうせき)地帯の為、
ネギの栽培に最適だったのです。

ここ千住に日本で唯一、長葱だけの市場が今もあります。
屋号は山柏、江戸末期から続く青果市場(現:山柏青果物市場)です。

江戸時代は、他の物も扱う市場だったのですが、
現在ではこの日本でもまれに見る専門市場(つまり葱のみ)。
ここには近郊の極上ものが続々と集まってきます。
競りの時間は朝の6時半から、それもわずか10分程。
この市場があってこそ、高い品質と流通が守られています。







スポンサーサイト

<< 古傘<ふるがさ> | ホーム | 花見幕<はなみまく> >>

コメント

ICTでダイエットを考える

InfectionControlTeamの略 http://mizary.thriftystmartin.com/

ありがと~~^^

遊びに来てくれてありがとうございます。
東京にも田舎臭いところありますよ。
とくに金町周辺は、昔ながらの雰囲気や
人情が残ってる下町と呼ばれる場所。
畑も結構残ってます。
金町と柴又はとても近いです^^v

今度はこちらにおじゃましました

昨日(それとも今日の朝だったかな?)、はじめてこのブログに気付きました。
すごいですね!
いろいろなことを調べられているのですね。

東京にはじめていったときの印象は、「どこまでいっても家があるよ~」というものでした。
でも、昔は東京にも田舎があって、いろいろな野菜が植えられていたんですね!
千住ネギなんて、はじめて聞きました。

金町って、近くに葛飾柴又があるところでしたっけ?
(むかし一度いったことがあるのですが、記憶があいまいなので間違えているかも・・・)
学生時代は茨城県に住んでいて、金町付近に住んでいる友人のアパートに遊びにいっていたのを思い出しました。

いいですね^^

morimoriさん→コメント有難うございます^^いいですね~~~。
 新鮮ないい葱は美味しいですもんね~~。

 これからもよろしくお願いします^^
 

千住葱

はじめまして。
千住葱の市場近くに住んでいます。山柏さんに紹介していただいた、江戸時代から続く葱商さんで千住葱を分けていただいてます。伝統が素晴らしい葱を育てているんですね。江戸を勉強にまた訪ねます。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。