プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本で始めてラーメンを食べた人、それは<水戸光圀公>です。
<黄門様>です。。

<光圀公>はあるとき、来日していた中国の儒学者<朱瞬水>を水戸藩に招きました。
武家社会に中国熱が高まっていた時代、
本場の儒者から直接まなびたいとゆー気持ちがあったのでしょう。
儒学にひどく熱心だったとゆー記録もある<光圀公>です。

その<朱瞬水>が中国の珍味として、ラーメンを振舞ったのが初とされています。

 ( 現在の後楽園(東京都文京区)は、水戸藩上屋敷があったところで、
 この後楽園とゆー名前も<朱瞬水>が名付けたそうです。)

<朱瞬水>は中国をより知ってもらおうと唐の品を色々献上しています。

小菅桂子の『水戸黄門の食卓』では、献上品の中にレンコン粉が必ず入っていたとされます。
<朱瞬水>はこれを使った平麺を打ってもてなしたそうです。
スープには、豚の腿肉を塩漬けにした中国ハムを使用。
塩味のラーメンでした。
この時、<光圀公>は、麺の薬味であった【胡椒】も伝授されています。

この時は麺は、田舎そばのようであり、薬膳料理のようなものと言います。
美味しかったかは、ちょっと疑問です。

ただ、<光圀公>はこの麺をいたく気に入り、後に自分で打っていたそうです。
手打中華麺に五辛(生姜・にんにく・ニラ・葱・らっきょう)を添えるのが、黄門流でした。






スポンサーサイト

<< 大奥の採用基準 | ホーム | 鮨・寿司・鮓<すし> >>

コメント

SSK情報局

SSKの検索サイト。グローブ、オーダー、野球、バット、プロブレインなどSSKに関する各種情報をお届けしています。 http://ladylove.portocallrestaurant.com/

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


水戸黄門

水戸黄門水戸黄門(みとこうもん)は、徳川光圀の異称であり、ふつうは光圀主従が世直しのために諸国漫遊の旅をするという架空の物語・時代劇を指す。かつてはもっぱら水戸黄門漫遊記(みとこうもんまんゆうき)と呼ばれた。メディアとしては、講談・歌舞

こはるの日記 2007/05/16 11:19

 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。