プロフィール

みゅうみゅう

Author:みゅうみゅう
美味しいもの大好き!!

 このブログでは、「江戸時代」に焦点を当ててみました。
「江戸時代」といっても260年と長いので、物価に関しては、解りやすく1文20円で統一してあります。

現代のこと、畑や自然や旅行に関しては↓
http://blog.goo.ne.jp/myu-myueno

美味しいレストラン紹介は↓
http://u.tabelog.com/myumyueno/  

まで。。
良かったら読んでくださいね^^


また、江戸時代の色々な文献を読んでみてます。
面白い話題があったら、どんどん
以前の記事を改編していきたいと思っています。
写真の追加とかも・・・。

よろしくお願いします。m(。。)m...☆

最近の記事

カテゴリー

FC2カウンター

翻訳機能

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鮨の歴史は古く、奈良時代から存在したといわれています。
貢納品として政府に納められていたようです。
当初は、鮒や鮎等の魚介類に塩を振りご飯と一緒に漬け込んだ「熟鮓(なれずし)」でした。
この頃は、ご飯は食べるものではなく捨てていました。
魚介類の保存食だったわけです。
琵琶湖周辺の「鮒鮨」にその名残をとどめています。 


          ↓

室町時代に入ると、「なまなり」「なまなれ」と言って、
漬け込み時間を短縮しご飯も一緒に食べる鮨へ変化していきました。

          ↓

江戸中期の元禄年間に入ると、
魚やご飯に酢を入れた今のタイプの鮨に近づいてきました。
上方から「押し鮓」が入ってきたのです。

行楽のお供として食べられていた「押し鮓」は、
棒手振(ぼてふり)や屋台で売られていました。
花見の席への出前もあったとされています。

この鮨は、漬け込み時間が「なまなり」より早いので
「早ずし」「一夜ずし」とも呼ばれていました。
これには「箱鮓」「柿鮓」などがあります。

          ↓

続いて登場するは、「笹鮨」別名「笹巻鮨」「けぬき寿し」。
江戸・安永年間のことです。
鮨飯を1個ずつ熊笹で巻いて軽く押しをしたものをいいます。

          ↓

いわゆる江戸前、「にぎり鮨」が登場したのは江戸・文政年間(1818~30)。
華屋与兵衛とゆー人が開発されたそうです。 

鮨種には、こはだ・白魚・鮑・玉子焼きなど。。
(現在人気の高級魚・鮪のトロはこの頃は見向きもされないものだったとか・・・
      →ヅケにして売り始めた頃から定番として定着したそう)
気の早い江戸っ子にぴったりの即席鮨の屋台は、またたくまに普及しました。

ところが、当時のグルメブームと相まって1個200文(4000円)もしたそうです。
まあ、その後天保の改革で贅沢を理由に鮨職人が200人以上捕まったことを皮切りに、
価格破壊が起こり、結局1個4文(80円)に落ち着いたそうですが。。。
「稲荷鮨」1個4文(80円)
併せて、大工や丁稚にも口に出来るファーストフードとしての地位を確立しました。



江戸の中期
にこのように大流行し始めた理由として、
酢・醤油・塩等の流通、東京湾の魚介類の豊富さ、
そして、江戸っ子の気の短さに一因があると思われます。。。






スポンサーサイト

<< 拉麺<ラーメン> | ホーム | 鯨<くじら> >>

コメント

ハニーブッシュと美肌とダイエット

ハニーブッシュは南アフリカが原産で最南端の岬、喜望峰に生えている野生の植物です http://farandole4.victoriaclippermagazine.com/

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ご飯をいっぱい集めました

アルファ米よりも必要な水の量が少なくて済むかもと思い購入しました。消費期限が近くなったらキャンプやバーベキューに持って行く予定です。防災用の非常食としてはもちろんですが、体調が悪くて食事が作れない時にも便利です♪さっそく一袋食べてみましたが、レトルトご飯

保存食をたくさん集めました 2007/08/05 05:27

甘くあるいは甘辛く煮付けた油揚げを袋状に開き、寿司飯(酢飯)あるいは炊き込みご飯や混ぜご飯を詰める。その上から煮あげた干瓢などで縛ることもある。東日本では寿司飯が多いのに対し、西日本では五目飯の稲荷寿司が多いとされる。米俵に模して四角に仕上げたものと狐の

すしが面白いかも 2007/07/07 15:58

すしなびどっとこむ

寿司寿司(鮨、鮓、すし)は、主に酢で調味された飯と魚介類や野菜などを組み合わせた日本料理である。語源は酸っぱいという意味の形容詞である酸しとされている。鮓はもともとは塩・麹・糟で漬けた魚のことを、鮨は魚醤の一種を表す言葉であった。寿司は江戸時代中期から使

すしなびどっとこむ 2007/05/26 17:27

 上ニ戻ル 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。